[石甚TOP]

 

木材と健康



 インフルエンザによる学級閉鎖
冬になるとインフルエンザによる学級閉鎖がよく話題になります。近隣地域の学校で、インフルエンザによる学級閉鎖数を木造、RC造の違いによって調べたところ、木造校舎では閉鎖率が低いことがわかりました。また内装を木質にした学校でも、木造校舎並みに閉鎖率が下がっています。
 

 校舎の違いによる教室内でのケガの発生状況
木造あるいは内装に木質材料を使用した校舎では、鉄筋コンクリート造の校舎に比べて教室内でのケガが少ないと言うデータがあります。
 

 
■「木材について」に戻る■ 「3.木材と地球環境」へ >>

▲Pagetopへ
Copyright (C) 2003 ISHIJIN CO.,LTD_All Rights Reserved.